『スターラスター』ーファミコンー:「ADVENTUREモード」クリア

ご覧いただきありがとうございます。レトロゲーム・プレイヤーです。今回は、1985年にナムコから発売された「スターラスター」の紹介です。

「スターラスター」とは

「スターラスター ガイア」を操作し、正体不明の敵艦隊「バッツーラ」の侵攻を防ぎ全宇宙におよぶ人類の居住空間を防衛する事を目的としたゲームです。

1人称視点の擬似3D視点で敵を撃破するシューティングゲームと、戦域に同時に侵攻する複数の敵を、阻止・撃退するためのストラテジーゲームの要素とが、リアルタイム進行する点が特徴です。その双方への同時対処をプレイヤーに求める、当時としては画期的なゲームシステムを持ちます。【引用:wikipedia】

 

「スターラスター」の概要

自機には、エネルギーおよびシールドのゲージがあり、「エネルギーがゼロとなり行動不能になった場合」、また被弾してシールドを喪失した上でダメージを受ける・シールドでは防ぎ切れない大ダメージを被る等で「機体が完全に破壊された場合」にゲームオーバーになります。

残機という概念はなく、1度エネルギーがゼロになればその時点でゲームオーバーです。また、敵に「全てのベースや惑星を破壊された場合」もゲームオーバーになります。なおシールドは、回復可能な状況であれば、エネルギーを消費して自動的に回復されます。

敵編隊と同一のエリアにワープすると自動的に一人称のシューティングとなり、三次元空間を縦横無尽に飛び回りながら戦闘を行うことになります。一方で戦闘中もマップ上では敵編隊が個々に移動を続けており、惑星やベースなどが攻撃されることもあります。

そのため、プレイヤーにはどの編隊とどの順番で戦うか、またどのベースや惑星を防衛するか、あるいは場合によっては見捨てるか、といったストラテジー面でも、迅速かつ的確な判断が要求されます。【引用:wikipedia】

 

それでは、「ADVENTUREモード」のエンディングまでのプレイ動画をどうぞ。