『聖闘士星矢 黄金伝説』ーファミコンー:クリア動画

こんにちは。レトロゲーム・プレイヤーです。今日は、1987年にバンダイから発売された「聖闘士星矢 黄金伝説」の紹介です。

「聖闘士星矢 黄金伝説」とは

車田正美氏の漫画「聖闘士星矢」を原作とするアクションアドベンチャーシミュレーションゲームです。

「聖闘士星矢」としては、初のゲーム化作品です。発売当時はまだアニメ放送が黄金聖闘士との戦いの途中であり、また首謀者である教皇の正体も明かされていなかったことから、登場しない黄金聖闘士がいたり最終ボスも原作漫画の掲載誌である「週刊少年ジャンプ」誌上での読者公募によるゲームオリジナルのキャラクターとなっています。

教皇との決着は次作『聖闘士星矢 黄金伝説完結編』まで持ち越しになってます。【引用:wikipedia】

 

「聖闘士星矢 黄金伝説」の概要

主人公の星矢を操作してパンチ・キック・衝撃波で雑兵を倒しつつ、ボスの待つ場所へと出向きます。冒険する場所は町の中を始め、洞窟や山岳地帯へも広がります。難易度の高いステージには、当ソフトの付録である「秘テクニック集」が役立つことがあります。

ボスに遭遇すると1対1のシミュレーション式コマンド選択方式バトルになります。星矢はダメージ(HP)とコスモ(MP)を持っており、1ターンずつコスモを「攻撃」「精神」「防御」「移動」の4つのパワーに振り分けて戦います。ボス敵を倒していくことでストーリーが進みます。なお、ボス戦を含め、すべての戦闘で逃げることが可能です。【引用:wikipedia】

 

それでは、エンディングまでのプレイ動画をどうぞ。